トレーサビリティ

にしがきでは、平成16年12月1日から施行された「牛肉の個体識別のための情報及び伝達に関する特別措置法」(通称:牛肉トレーサビリティ法)に基づき国産和牛や国産牛のパックラベルに10桁の「個体識別番号」を印刷しています!

「トレーサビリティ」とは

trace‐ability=追跡可能、という意味です。牛肉のトレーサビリティとは、牛が、いつ、どこで生まれ、どこのだれが、どのように育てたか、をお客様にお伝えするシステムです。牛一頭一頭個別の番号(個体識別番号)を流通経路を通して継承することで、お客様がその履歴を追跡できるようになります。個体識別番号を所定のサイトでご検索いただきますと、牛の生産・流通履歴データをご覧いただけます。

「トレーサビリティ」のメリット

この牛肉トレーサビリティ法が確立されたことにより、牧場から食卓までの流通が明確となり、産地や品種といった牛肉に対する信頼性がさらに確保され安心してお求めいただけます。

個体識別番号から履歴情報を検索する場合は、 「個体識別番号検索」からお調べ下さい。

個体識別番号検索
個体識別番号について